ホーム > 製品情報 > ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)

ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)

ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)とは?

ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)は、アメリカ生まれの低騒音ブロワーを使用し大量かつ高速のエアーをエアーナイフから吹き出すことにより製品洗浄後の水切り、乾燥および製品成型後の切りくず、塵の吹飛ばしなどを効率的且つ経済的に行うシステムです。従来の圧縮空気を使用した同様の作業に比べ、消費電力を数分の一に節約でき、結果として二酸化炭素の削減に大きく貢献できます。

使用例

・ボトリングライン水切り
・部品洗浄後の水切り乾燥
・ペインティング
・コーティング後の冷却
・タイヤ・ホイール水切り乾燥
・鉄板の塵吹飛ばし・水切り
・乾燥・プリント基板水切り
・ケーブルの印字前乾燥
・自動車エンジンブロック塵吹飛ばし
などあらゆる分野での冷却、水切り、乾燥、塵吹飛ばしに活躍しています。
ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)image
ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)image
ソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)image
動画でソニックエアーナイフシステム(ブロワータイプ)の使用例をご覧ください。




主な特徴

ソニック社 セントリフューガルブロワー
ソニック社 セントリフューガルブロワー
ソニック社 セントリフューガルブロワー
ソニック社の渦巻き型ブロワーは、多くの産業用アプリケーションとして使われています。性能は、85〜6000m3 / 時at 30KPaの機種があります。 小型で場所を取らず、多様な据付方法は、スペースに制限のある既存の設備に併設するには理想的です。ソニック社の製品は、週7日一日24時間運転(365日)を想定して設計されています。
ソニック ロータリーエアーナイフ
ソニックロータリーエアーナイフ(特許取得済み)は、複雑な形状の部品などのブローオフと乾燥用としてソニック社によって開発されました。 エアーナイフのスロット部は回転軸に対し15°傾いており、その為、乾燥する部分にコンスタントに方向を変えながら高速の風を送り出します。 従って、対象物に凹凸があってもあらゆる部品に高速の風が当たり、効果的に乾燥させることが出来ます。 ソニック社のロータリーエアーナイフは一台で複数の固定されたエアーナイフの仕事をこなすので、エネルギーとスペースの節約に貢献します。通常、従来の固定式のエアーナイフでは、うまく行かなかった物でも効果的に乾燥させる事が出来ます。
ソニック サニタリーエアーナイフ
ソニックサニタリーエアーナイフは、食べ物に直接ブローする為に設計され、衛生基準の3A基準をクリアーしています。クランプ止めとなっており、定期的な洗浄やサニタリーの為に素早く分解することが出来ます。
ソニック XE エアーナイフ
ソニックXEエアーナイフは、当初押出し成形された涙型のエアーナイフでした。1995年にソニック社によって開発されたモジュールデザインと、開口部を調整出来る設計は、工場での多種多様な仕様にも対応出来ます。硬質酸化皮膜処理をしたアルミニウム製とステンレス製があります。
資料請求ページへ
pagetop
English TIC Corporation Limited