ニュース / 新着情報

12/01/26

Sonic社(ソニック社)製ブロワー&エアーナイフシステムによる納入実例【ワイヤー&ケーブルの乾燥】

某社は低圧ワイヤー、ケーブル、裸銅線やアルミ線の梱包工程前にスパークテスターの設置をする必要がありました。

また、この時のラインスピードは約900m/minと非常に早く、またスパークテストの前では完全に乾燥させなければなりませんでした。

何故なら、ケーブルが完全に乾燥されていないと検査機が誤認してしまい、不良品と判断してしまう為です。

そこで、Sonic社(ソニック社)は、SP Dryerの導入を推奨しました。

本商品の導入により、高速生産ラインにも対応出来、乾燥効率の向上で生産速度も上げる事が出来ました。

SP Dryer

ご必要であればPDFカタログも御座いますので、弊社営業スタッフまでご連絡下さい。

pagetop
English TIC Corporation Limited